コンディショニングを整える!ストレッチ編!浦和、池袋で活動中!

コンディショニング・痛み改善

こんにちは!

埼玉県で唯一!浦和、池袋で活動中!

慢性痛を根本から解決する動作改善専門トレーナー

Active conditioning代表の和藤 拓真です!

一般的にみなさんがイメージするストレッチは同じ姿勢で30秒くらい長めに伸ばすようなストレッチではないでしょうか。

ストレッチと言っても色々種類があり、どのがストレッチがどう効果があるのか分からない方も多いと思います。

今回は私のトレーニングでもよく使用するアクティブストレッチと言う内容についてご説明したいと思います。

決してアクティブコンディショニングだからアクティブストレッチと言うわけではございません。w

ちゃんとしたストレッチの種類になります!

アクティブストレッチとは?

このストレッチの最大の特徴は力を入れながら行うところです。

ストレッチするのに力を入れる?何言ってんすか?!と声が聞こえてきそうですがちゃんとした理由があるのです!

説明しますね!

筋肉には相反抑制と言う作用があります。

相反抑制とは相反性神経支配とも言われます。

簡単に説明しますと力を入れた筋肉(主動筋)の反対側にある筋肉(拮抗筋)は緩むと言うものです。

例えば肘を曲げる動作。

肘を曲げるので力こぶ(主動筋)に力が入ります。そうすると肘を曲げるには二の腕の筋肉(拮抗筋)が縮んでしまっては肘が曲がらなくなってしまいますよね?

この相反抑制を利用したのがアクティブストレッチなのです。

ですので伸ばしたい筋肉の反対側の筋に力を入れているのです。

余談ですが小学校の授業でも(科目は忘れましたが)でも相反抑制を習うそうですね!サッカーの合宿に帯同した際に小学生に教えてもらいました!

説明した際にそれ知ってると言われびっくりしたのを覚えています。

コンディショニングを整えるストレッチ!

では実際に行ってみましょう!

アクティブストレッチについての説明を入れながらお伝えしますね!

腿の前の筋肉を伸ばします!

こんな姿勢の方は特に張りやすい部位だと思います。

しっかり伸ばしてコンディショニングを整えましょう!

ではストレッチです。

この図をご覧ください。※筋骨格系キネシオロジー参照

まず伸ばしたい腿前の筋肉は骨盤の前から膝をまたいで脛骨に着きます。

なので腿の前を伸ばそうとしたら膝を曲げるのはわかりますよね?

左の図は膝の屈曲と股関節の伸展動作で伸ばしている典型的なストレッチです。

骨盤が前に倒れ、腰もやや反っています。

骨盤の前についている筋肉なので意識もせずに膝を曲げ伸ばしたら骨盤まで引っ張ってしまい結果腰も反ってしまいますよね。

片や右の図は骨盤が立ち、腰の反りもみられません。ここで行っているのが相反抑制なのです!

骨盤を前に倒してしまう筋肉の反対側の筋肉である臀部の筋肉、お腹の筋肉に力を入れ骨盤を後ろに倒すように力を入れています。

またそこに力を入れることで相反抑制により腿の前の筋肉も緩みます。

こうすることで腿のストレッチ効果が増大するのです!

まとめ

相反抑制を使ったストレッチ

伸ばしたい筋肉の反対側の筋に力入れ収縮させることでストレッチ効果が増大します!

腿前の筋肉を伸ばすのであればお尻、お腹に力を入れる事で骨盤が後傾し腿前の筋肉が伸びます。

写真は立ち姿勢ですが横に寝た状態でも大丈夫です。

簡単にできるストレッチなのでご自宅でもぜひ行ってみてください。

 

体験を希望の方はこちらをクリックし内容に沿ってメールをお送りください。

アクセスマップ

〈東大宮レンタルスペースpeacock〉

住所:埼玉県 さいたま市 見沼区東大宮5-6-3-402

東大宮駅より徒歩2分

〈ジェクサー・フィットネスクラブメトロポリタン池袋店〉

住所:東京都豊島区 西池袋1-6-1 ホテルメトロポリタン池袋4F

池袋駅メトロポリタン口より徒歩4分

上記以外にも浦和駅近辺にお住いの方でご自宅に4~6畳くらいのスペースが確保できるのであれば出張させていただいております。

投稿者プロフィール

和藤 拓真
和藤 拓真コンディショニングトレーナー
1987年12月生まれ、群馬県高崎市出身
既婚、娘一人のパパトレーナーです!
慢性痛を根本から改善する動作改善専門トレーナーを行なっています!
お身体についてのためになる情報を発信していきます。
趣味はバス釣り、フットサル、身体についての本を見ること