池袋、浦和で活動中!ゴルフ後に腰が痛くなる人必見!腰痛の原因はこれだ!

腰痛の改善方法

こんにちは!

埼玉県で唯一!池袋、浦和で活動中!

慢性痛を根本から改解決する

動作改善専門トレーナー

Active conditioning代表の和藤 拓真です!

暖かくなりゴルフシーズンになってきましたが腰痛でお悩みの方はいるのではないでしょうか。

今回はゴルフ後に腰が痛くなるかたになぜ痛くなるのか医科学的根拠を元にトレーナー目線でお伝えしたいと思います。

関節の役割

これがわかるだけでだいぶ動作の意識が変わるのではないでしょうか。

ではご説明いたします。

人の関節にはそれぞれ役割が存在します。

簡単にいうと関節には

・動きに適した関節(赤字)

・安定に適した関節(黄字)

の2種類が存在します。

画像でわかるように動きに適した関節は

足首(足関節)、股関節、胸椎、肩関節・・・等

安定に適した関節は

膝関節、体幹(腰椎骨盤帯)、肩甲骨、頚椎・・・等

まあ上記は覚えなくてもいいので赤丸と黄色丸でくくられている部分がそうなんだな程度で大丈夫です。

正しい関節の動き方

ここからが重要です。

動きに適した関節を動かすためには安定に適した関節が正しく安定していなければなりません。

どういうことかと言いますと。

クレーン車の図で説明しますね。

動きに適した関節を車体とアームのつなぎ目だと思ってください。

すなわち股関節(アームの根本)と体幹(車体)です。

下の車体の部分がグラグラしすぎるとアームは思うように動けないですよね?倒れてしまいます。

人の股関節も同様で体幹が安定していないと思うように動けなくなってしまいます。

体の幹と書いて体幹と言うようにここが安定することで動きに適した関節が正しく動けるのです。

ゴルフ動作はどうでしょう?

ゴルフと言えば回旋(ひねる)の動きが入ってきます。

特に回旋で使われるのは動きに適している関節である胸椎、股関節です。

先ほど言ったように体幹を安定させたまま胸椎と股関節を回旋させて行きます。

安定に適している体幹(腰椎)は解剖学的に回旋角度は5度と言われております。

安定して欲しい体幹部が動きすぎていたらどうでしょうか?

股関節、胸椎は正しく動かず、結果安定していて欲しい体幹部が過度に動いてしまいます!

5度しか動かない体幹部(腰椎)が動きすぎたらどうでしょうか?

もう皆さん想像つきますよね?

まとめ

一概にこれが全ての原因とは言えませんが私が見させていただいてるクライアントで腰が痛い方はほとんどがこの関節の役割が逆転してしまっている方がほとんどです。

ゴルフ後に腰が痛いと言って整骨院やマッサージばかり行っていませんか?

上記が悪いわけではありません。

ただ整骨院やマッサージだけでは動作は変えられません。

なのでゴルフ後に腰が痛くなるのは変わりません。

慢性的な痛みのほとんどは幹部に問題がないと言われております。

不良動作の積み重ねが腰痛になるのです。

根本から改善したい方はぜひトレーニングも行ってみてください。

ただ闇雲に行うのではなく専門的な知識を持ったトレーナーに見てもらうことをオススメします。

 

体験を希望の方はこちらをクリックし内容に沿ってメールをお送りください。

アクセスマップ

〈東大宮レンタルスペースpeacock〉

住所:埼玉県 さいたま市 見沼区東大宮5-6-3-402

東大宮駅より徒歩2分

〈ジェクサー・フィットネスクラブメトロポリタン池袋店〉

住所:東京都豊島区 西池袋1-6-1 ホテルメトロポリタン池袋4F

池袋駅メトロポリタン口より徒歩4分

上記以外にも浦和駅近辺にお住いの方でご自宅に4~6畳くらいのスペースが確保できるのであれば出張させていただいております。

投稿者プロフィール

和藤 拓真
和藤 拓真コンディショニングトレーナー
1987年12月生まれ、群馬県高崎市出身
既婚、娘一人のパパトレーナーです!
慢性痛を根本から改善する動作改善専門トレーナーを行なっています!
お身体についてのためになる情報を発信していきます。
趣味はバス釣り、フットサル、身体についての本を見ること